読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の星はX

イッツ ア 自己満足ワールド

AOA「GOOD LUCK」予約イベント0625


 
ご報告。
 
天使は本当に天使でした。
 
 
 
 


f:id:tvxqrk:20160702002449j:image
 

 
_] ̄[〇
 
 
 
 
いやなんかもうなんかもうなんかもう。(しつこい)
 
握手に辿り着くまでそれはもう色々ありましてですね、朝から気分がどん底だったのですが、そんなこともどうでもよくなるぐらいユナちゃんは女神でした。
 
 
完全自己満足レポ、レポというかもはや私の行動を記しただけです。お暇な方はお付き合いくださいませ。
 
 
特典券は確かイベント当日の2日前からもらえたのですが、私は渋谷まで行くのに時間もお金も結構かかってしまうので当日ゲットする気でいました。
 
過去のイベントの様子を調べたりタワレコの公式を見た限りだと、大変混雑するだの朝イチで並んでももらえるまでに一時間半並んだだの予約会なのにもう売り切れただのという話を目にしたので、予約開始8時に渋谷にいるのはさすがに無理でしたが、9時には到着。
 
 
どうでもいいけど朝の渋谷の歩きやすいことといったらもう…ね。昼や夜だとカポーがいちゃこらしてるから邪魔だ邪魔だ手繋ぐなこの野郎!となるのですが(妬み)
 
 
そんな感じで人もまばらな渋谷をタワレコ方面にてくてく歩いていたのですが、途中で勘づいた。早く来すぎた。(To^)
 
案の定1秒も待たずに予約完了しました。
それはそれはもう失くしそうなサイズと薄さの特典券を渡され(小声)
私の他にAOA目的の方は3人ほど既にタワレコ前にいらっしゃいました。
 
イベントは12時半からだったので、うーん、どこで時間を潰すか~と考えた末、近くの既に開店してたカフェに行きました。いやー、それがいけなかった。
 
なにが起こったかといいますと、店員の勘違いでわたくし、通報されましたwwwwいや、全然笑えないわ。
なにも悪いことしてないのに通報されると、こんなにも悲しくて腹立たしいのかと思い知った。痴漢してないのにこの人痴漢よ!って騒がれたことのある全国の頑張ってるお父さん、お察し致します。あ、私は痴漢で騒がれたわけではないよ(To^)
 
通報した店員はさぞかし気まずかっただろう。でも長居させていただきました。(ささやかな復讐) 
 
 
握手会券をもらった時に12時半からなので30分前には来るようにと言われ、握手会は撮影会とサイン&握手の後なのに随分早い集合だな~と思いつつもその通りに行ったのだけどやっぱり早かった(To^)
 
結局、握手会勢が並べたのは15時半ごろ。
さすがに三時間半タワレコで時間を潰すのは辛いので渋谷をフラフラー。
 
 
またタワレコに戻って3階あたりの階段にあった最後尾に並びました。階段に座るのは汚いから嫌だったけど疲れに耐えられず他の人と同じように座ることに。
会場の8階に入場できたのは確か16時50分ぐらいだったかな?
 
チョア先輩希望の人だけ先に8階に連れてかれてました。人気だからなのはわかるけど、握手会開始は同じタイミングなのになんでだったのだろうかー。
 
8階に着くと、奥がカーテンで仕切られていて、その前にメンバーの名前ごとにレーンがありました。希望のメンバーのレーンに並べ~となり、皆さん慣れた様子でそそくさと整列。
緊張でYUNAの文字が見つからない私(重症)

なんとか並んだはいいものの、何日も前から練習してきた話したいこと(韓国語で)をここにきて思い出せなくなるアホ。自分のばかばかばかーーーーー!と戒めていたら記憶がすこーーんと華麗なカムバック。この時ばかりは自分のスッカスカの脳を褒め称えた。

スタッフさんによる列の点呼(?)が終わり、カーテンの奥から椅子をガーっと引く音が…

この音で私の緊張度はMAXに。変な汗と腹痛でどうにかなりそうでした\(^-^)/

スタッフさんのでは始めまーすの掛け声と同時にカーテンが半開きになり、私の列からはチョア先輩がチラリ…




チョアちゃんーーーーーーー(To^)

イェッポヨおおおおおと叫びたい衝動に駆られましたがそれどころではない。
着々と私の順番が近づいてきていて心臓バクバク。
と、緊張しながらもチョア先輩のおつぱいチェックは忘れませんでした(中学生男子か)

隣にチャンミがいたのも少し見えましたがカーテンが目の前に迫ってきていて我にかえる。
握手券を握りしめハングルを呪文のように唱えながら前の方たちを見送りました。

そしてついにユナ列の先頭になった私。
スタッフさんに握手券を渡すまでの数秒間、生きた心地がしなかったです。

このカーテンをくぐればユナちゃんがいる…
あの憧れのお姉さんソユナがいるのね…あれ、本当にいるのかな。ワタシココナニシニキタ。実は今日チョア先輩とマンネしか握手会やってないのでは。今何時やっほーい!(^o^)

と、意味のわからない思考回路に陥り頭も心臓もお腹も爆発寸前になったところでついに私の番。


カーテンをくぐるとそこには秘密の花園が(違)


f:id:tvxqrk:20160630191645j:image
こんな感じで並んでた模様。見えづらいなこれ。
中に入ると私の方には手前からジミン、ミナ、ユナ、ソリョンと並んでいたらしいのですが、不思議なものっすねー。

アタシってぇ~好きな人しか目に入らないからぁ~♡キャピッ!
…と以前知り合いに言われたときは何を言ってるんだこいつは、、とそれはそれは大事なイベのチケット応募抽選期間がすぎていたとき並みの死んだ魚の目で恋は盲目なんてよく言うぜ!ッケ!と思っていたのですが、

本当にジミンとミナとソリョン同じ列にいた??!となるぐらいユナちゃんしか見てなかったです。
わー怖い。
いや別にユナちゃん以外のみんなが好きじゃないから目に入らなかったとかではなく、本当に自分に余裕がなかったのだろう。


私の前にいた同志が握手を終えたと同時にゆっくりとユナちゃんのお目目が私の方に向いてきた途端、時が止まったようでした。

今思えばよくユナちゃんの目の前まで歩いて行けたな自分。


🐰「おー!コンニチハ~!」

私「………」


ええ、そうです。なんとここでまさかの号泣wwww

本当にまさかのまさか。自分が涙もろいのは知っているけど泣くにしても何秒前かに、あーこれ泣くな…ってわかる(?)じゃないですか。
そんな前兆もなにもなく、ユナちゃんの声を聞いた途端涙ぽろりん。

ユナちゃんが目の前にいる。しゃべっている。私を見ている。あー、いつも画面で見ていた人が、遠い存在の人が、目の前にいるのか。本当にソユナはいた。
そんな考えが1秒間に私の中で10往復ぐらいぐるぐる。

泣いて何も話せない私をみかねて、

🐰「ん~?ウェ~(どした)?」

と言いながら、腕を広げて優しく抱き締めてくれたユナちゃん。

思わず私も、そっとユナちゃんをぎゅー。

自分に今何が起こっているのか理解するまでに時間がかかったけれど、大好きって伝えなければ!と正気を取り戻し、嗚咽まじりの下手な韓国語で話しました。
耳を私の口元まで近づけてしっかり聞いてくれて、うんうんと頷いてくれたユナちゃん。

スタッフに剥がされかかっていたけど、名前を呼んでほしくて必死に名札を指さすと、


🐰「○○(名前)~」

と呼んでくれました。

そして剥がされ終了。長かったんだか短かったんだか。おそらく剥がされ終わるまで15~20秒ぐらいだったと思われます。


他の皆さんはもう一回握手列に並びに行く中、鼻水と涙をすすりながら1階まで階段を下りました。

1階にたどり着き気づく。
あれ、私ったら握手会なのに握手してねえ(To^)

でもそんなことはどうでもよいのです。

この目でユナちゃんをみれた。それだけで十分。ハグされるなんて夢にも思わなかった。
すごくすごく、彼女のハートは暖かかったです。
悲しいことに最近こんなに優しくされたことがなかったのもあって余計染みたぜ…。

正直この手のイベントって、ファンは楽しみだけど本人たちは辛いのではないかなって思います。何時間もファンが入れ替り立ち替わりやってきて、お話しして。人間だもの疲れが出てくるのは当然で。

今回はハイタッチ会からの撮影会、サイン&握手、ここまでやってからの最後握手会だったので、彼女らを悪く言うつもりは毛頭ないのですが、きっとそれなりの対応なんだろうなと勝手に想像してしまっていました。そんな自分をひっぱたきたい。ばか野郎。


ユナちゃん以外のメンバーがどうだったかはわからないけど、握手し終えた方たちの反応はみんな一緒。とっても幸せそうでした。
私みたいに泣いていた女の子もいたし、お仲間と推しとしゃべった内容について楽しそうに話すおじサマもいました。


そう、彼女たちはプロでした。アイドルでした。

好きな人をみるとこんなにも胸が高鳴って、ときめいて、あったかくて、それと同時に別れが寂しくなるのだと久しぶりに感じました。

会いに来てよかった。純粋にそう思った一日。

ソユナという人は、画面越しでみる100倍はかわいらしくて綺麗な女の子でした。
彼女の人のよさにも惹かれた数秒間。

容姿は今更どうしようもないが、私も彼女のようなあったかい人間になりたい。いや、ならなければ。

ユナちゃん、夢のような時間を本当にありがとう。


f:id:tvxqrk:20160702002651j:image
うう…本家のキキよりかわいいぜ…

リリイベも予定が合えば行きたいな。待ってろ恵比寿!!



そういえば、

8階では発売前の日本語ver.GOOD LUCKが流れていて、緊張していてあまり聞き取れなかったのですが、サビが
 
「ぐーらっぎりぎりゆーらいみ」ではなかったのは確か。
前記事で散々日本語ver.についてディスっておきながら、ぎりぎりがぎりぎりではなかった事実。お恥ずかしい(To^)
作詞者の人勝手に決めつけてごめんよ。そして素敵な歌詞をありがとう…。


 
今日はドームシティホールでコンサートだったんだよなー。行きたかったTT
レポを読むと、ユナちゃんがソロで大原櫻子を歌ったらしいではないか。イマドキのJPOPにはめっぽう疎い私ですが、そうともなれば聴くしかない!(単純)
 
櫻子ちゃんは映画の曲しか知らないなー、ユナちゃんのほうが先を行っている…!

そしてミナりんはももクロ歌ったときいて全身を巡る血が騒いでいます……!!!!

どうやら冬にもコンサートやるらしいので、それは予定をはじきにはじいて無理矢理でも行ってやる気で戦いの準備を始める所存です。どんとこい!


明後日は名古屋かしら?天使ズファイティン!!





かわいいは世界を救う!!!!!!